2021年 新春のご挨拶

 新年明けましておめでとうございます。

 元旦の今日、東京都府中市は晴天に恵まれた中での年の始まりを迎えました。

 多くの皆様に支えられて、叱咤激励をいただきながら、今年も新たな年を迎えられたことに、心より感謝申し上げます。

 「コロナ禍」が今年も続き、今なお私たちの生活も様々な影響を及ぼし、社会的格差を広げてしまっています。

 議員という仕事は、市民の模範にならなければならないが、現場を知らずして机上の空論を述べてはなりません。

 コロナ禍だからこそ、見えてくる様々な現実と事実にどう接し、向き合うかが一番大切です。

 昨年から今まで以上に力を入れてきたのが、まちかど生活相談会、フードパントリー、労働相談、訪問声掛け、電話相談等の取り組みを通じて、当事者の方々との接点でした。

 こうした活動を通じて、改めて感じたことがあります。

今の社会に必要なのは、心の痛みが分かる社会
 私たちの社会を良くするために必要なのは、行動
 行動に必要なのは、実行する勇気
 失敗を恐れて行動しないよりも、失敗を糧に行動する勇気を持ちたい

 以上、私の抱負を述べて、新春のご挨拶とさせていただきます。

 なお、本日も電話での生活相談や労働相談などをお受けしております(電話:042-806-9777)。お気軽にご連絡ください。

 今年もどうぞ、宜しくお願い申し上げます。

2021年1月1日      
府中市議会議員 稲津憲護

前の記事

市議会を振り返って